起床時間による不眠症対策の方法

起床時間による不眠症対策の方法

なかなか寝付けない人が多い

 

不眠症と軽く見られがちですが、本人にとってはその悩みはとても深刻なものなのです。不眠症にいくつかの種類があり、例えば布団の中にはいってもなかなか眠れない入眠困難や夜中に何度も目覚める中途覚醒などがあります。ほかにも、起きる時間が以上に早くなってしまう早朝覚醒などもあります。不眠症の訴える症状の中で一番多いのは、なかなか寝付くことができない入眠困難と言われています。

 

生活習慣を改善してみよう

 

こういった不眠症の原因は様々ですが、不眠症の症状を軽減させるためにも生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。一日中ぐうたら過ごし、寝る時間も眠気に任せて朝方に眠るなんて生活をしていませんか。

 

その結果昼頃に起きるのが日常だとすれば、不眠の原因はあきらかに運動不足と寝すぎですよね。これは極端ですがこれに近い状態であれば、だらだらさが身についてしまっているのでなかなか寝付けないようです。

 

では運動を思いっきりすればよいのかという話になりますが、そうではありません。眠る前に運動をしても逆にかあだが興奮してしまい、寝付けなくなってしまいます。運動をするのであれば、昼間の軽いウォーキングなどがよいでしょう。心地よい疲れを得ることができるので、寝つきもよくなることでしょう。

 

起床時間を一定にすることが大切

 

体内リズムを整えるためにも、朝起きる時間をきちんと決めましょう。そうすることで、夜に眠るリズムも整ってきます。まずは、生活習慣の見直しから初めてみてはいかがでしょうか。