不眠症の原因と対策方法

不眠症の原因は運動不足と寝過ぎ?

 

不眠症で悩んでいる方も多いようですが、その原因はどこにあるのでしょうか。不眠症の原因というのは、単純に運動不足や寝すぎといったことがあります。ですがそういった理由ではなく、脳が興奮状態にあることによって交感神経が活発化しているためになかなか眠れなくなってしまいます。そういったことが長期間続いてしまうことによって、身体だけでなく精神的にもつらくなってしまいます。

 

脳を休ませることが大切

 

多くの方が日中仕事をして頭をフル回転させて働いていますが、その脳が家に帰ってもリラックスすることができないのです。睡眠というのは、こういった脳を休めるためにあるのです。脳がリラックスしていなければ、眠りに入ることもできません。

 

脳を十分に休ませることができれば、眠ることができるというわけです。オンとオフを切り替えることによって、脳を十分に休ませることができます。

 

お風呂に入ったり、アロマを焚いたり好きなことをするなどリラックスすることが重要です。そうすることによって自律神経のバランスを整えることができ、副交感神経が活発化します。

 

この副交感神経が活発化することによって、身体や脳が休む方向へと向かいます。その結果、眠ることができるというわけです。この方法は、取り入れたからと言ってすぐに効果が出るわけではありません。効果が出ないことで反対にいらいらして、余計に眠れないなんてこともあるかもしれません。

 

焦らずにじっくりと取り組むこと

 

不眠症は、あまり無理をせずにじっくりと取り組むことが大切です。適度な運動や、適度に体を疲れさせるということも不眠症対策には大切なことなのです。