不眠症のタイプ

不眠症の原因は主にストレス

 

不眠症には原因が様々ありますが、その不眠症のタイプにもいろいろあるのです。不眠症の原因として、精神疾患(うつ病、統合失調症など)や無呼吸症候群などの病気が原因となっている場合もあります。最も多い原因としては、精神的なストレス・緊張などがあげられます。多くの不眠症は、一過性のものですぐに眠れるようになるものがほとんどです。

 

ですが、不眠症が長期化することによって大変な症状を引き起こしてしまうこともあります。一過性の不眠症の場合には、悩みすぎず気楽にリラックスした状態で構えるのが早く治る秘訣だと思います。

 

不眠症の4つのタイプ

 

では、不眠症にはどういったタイプがあるのかを見てみましょう。まずは入眠障害です。これは、不眠症の中でも一番多いタイプで布団の中に入ってもなかなか寝付けることができません。こういった方というのは寝つきは悪いのですが、いったん寝てしまうと熟睡して朝まで起きないということも多いようです。

 

次に熟眠障害ですが、こちらのタイプは寝つきは悪くありません。すぐに眠れるのですが、眠りが浅く熟睡ができないのです。そのため長時間の睡眠時間であっても、目覚めがわるく疲れも取れにくい状態です。

 

次は中途覚醒タイプですが、その名の通り夜中に何度も目が覚めてしまうタイプです。トイレに起きる以外にも、何度も目が覚めてしまいます。そのため、逆に疲れが出てしまうのです。

 

最後に早朝覚醒という不眠のタイプですが、自分が思っている時間よりもかなり早く起きてしまう状態です。さらに、そこからもう一度眠るということができないのです。寝つきが悪いわけではなく長時間眠ることができないのですが、熟睡はしているようです。

 

不眠症ではないかと悩むようであれば、まずは無理せずに専門の病院を受診し治療を受けるようにしましょう。