不眠症のいくつかの原因

不眠症の原因を知る

 

不眠症で悩んでいる方も多いと思いますが、不眠症というのは本当に辛いものなのです。では、その不眠症の原因というのはどこにあるのでしょうか。

 

身体的な不調が原因

 

まずは、体調不良が原因となっている場合です。風邪などで熱があるときや、かゆみがある場合などです。ほかにも咳が出て止まらないなど体調が悪く、体に不快感があるときなどは眠ることができないこともあります。そういったことから、不眠症になる場合もあるのです。

 

体調不良と呼べるかもしれませんが、寝ているときに呼吸が止まる無呼吸症候群ということもあります。無呼吸症候群の場合には、呼吸が止まることによって目が覚め熟睡できなくなってしまいます。こういったことが原因の場合には、まず病院で治療をしましょう。病気を治療することで、不眠症も改善されることでしょう。

 

環境の変化が原因

 

環境の変化が原因の場合もあり、例えば枕が変わると眠れないとか海外旅行での時差ボケなどがこれにあたります。ほかにも、夏の暑い日に暑すぎて眠れないとか電気の明るさで眠れないとかいったようなとも環境の変化です。こういった環境の変化によって、睡眠に問題が出てくるのです。

 

精神的原因

 

精神的なことが原因となっていることもあり、うつ病などがこれにあたります。うつ病と不眠には深い関係があり、専門病院できちんと治療するようにしましょう。ストレスなどもたまることによって不眠の原因となることがあります。悩み事やいらいらすることや緊張など、こういったことが続くと不眠症になってしまうこともあります。