タイプ別に見る不眠症

タイプ別の不眠症

 

不眠症と一口に言っても、色々なタイプがあります。どういったタイプがあるのか、見てみましょう。

 

寝つきが悪い

 

布団に入っていざ寝ようとしたときなかなか眠れないタイプです。これを、入眠障害タイプと呼びます。このタイプは一度眠ってしまうとなかなか起きないという場合が多く、このタイプが不眠症には一番多いタイプです。

 

眠りが浅い

 

ちょっとした物音でも目が覚めてしまいます。このタイプを熟睡障害タイプと呼びます。神経質な方や高齢の方に多いタイプとなっています。

 

朝早くに目が覚める

 

どんなに遅く寝たとしても早朝に目覚めます。このタイプを早朝覚醒タイプと呼びますが、起きてしまうと二度寝などはできません。そのまま、眠れなくなってしまうタイプです。このタイプは、高齢者の方や躁うつ病などの方に多く見られるタイプとなっています。

 

寝ている途中に起きてしまう

 

夜中に何度も目が覚めることによってそのまま眠れなくなってしまうのです。このタイプを中途覚醒タイプと呼びますが、このタイプはトータル的には長い時間寝いることになります。ですが、熟睡ができていないので寝た気がしないのです。体もだるくなってしまう結果となります。

 

体調の不調が原因

 

不眠症の原因として、体の不調からきているものも多いようです。不眠症は、長く続くことによって体にも負担をかけてしまいます。動悸・息切れ・めまい・頭痛・疲労蓄積など、体調を崩したりイライラすることもあります。日常生活にも支障をきたすようになるかもしれません。そういったことにならないように、体に気を付けて体調を治すようにすることが大切なことなのです。