大切な不眠症対策

日中の活動で不眠症を引き起こしてしまう

 

不眠症で悩んでいる方も多いと思いますが、不眠症対策として大切なことがあります。不眠というのは、どういった状態のときに起こるものなのでしょうか。

 

不眠というのは、日中に興奮することで起こることもあります。興奮というのは、根を詰めた仕事やスポーツのやりすぎといったようなことです。体に強いストレスを感じることによって、心身ともに興奮してしまうのです。このように興奮した状態では、なかなか寝付くことができず安眠もできなくなってしまいます。その結果、不眠症を引き起こしてしまうのです。

 

自律神経のバランスを保つ

 

もともときちんと安眠できている方であれば、一度くらいは問題ありません。ですがうつ病などの自律神経失調症を煩っている方などは、もともと自律神経に負担がかかってしまっています。

 

そんな方は、交感神経が興奮してしまうように活発化するとなかなか収まってくれないため眠れなくなるのです。昼間の興奮した感じを、夜になっても感じて眠れなくなってしまうのです。できるだけ、日中に興奮した状態を作らないことが重要になってきます。

 

こういった状態では、脳が眠ることができません。脳が休むことができないので、不眠症になってしまうのです。興奮状態にならないように心がけることが、改善策となります。眠るために、体を寝る準備に早めに整えておくのです。「これから眠る」という体勢作りが大切なのです。リラックスすることを心がけるようにすることが、安眠のために大切なことなのです。