不眠症になる主な原因

不眠症になる原因は?

 

不眠症になる原因としては、色々な原因があります。主な原因としてあげられるものを、いくつか見てみましょう。

 

眠るときの環境による原因

 

ます環境による原因があげられますが、これは眠るときに環境です。熱帯夜で眠れない・工事などの音がうるさくて眠れない・一緒に寝ている人のいびきや歯ぎしりがうるさくて眠れないといったようなことです。こういった生活環境の場合には、色々と考え込んでしまうと悪化してしまうこともあるので注意しましょう。

 

これとは別に一時的な環境による原因の場合もあります。旅行で枕が変わって眠れない・引っ越したばかりで落ち着かないといったような場合です。こういった場合には、一時的なものなので慣れれば治るのであまり心配はいらないでしょう。

 

生理的なことが原因

 

次に生理的なことが原因となっている場合ですが、海外旅行などの時差ボケがこれにあたります。ほかにも、2交代や3交代などで勤務がいろいろな時間帯で働かなくてはならない場合など眠るときのタイミングが変わってしまい眠れなくなってしまう場合もあります。症状がもしもひどくなってしまうようであれば、環境の改善なども考える必要があります。

 

心理的なことが原因

 

心理的なことが原因の場合もあり、悩み事やストレスがこれにあたります。不眠症は考えすぎることで悪化してしまうこともあるので、あまり考えすぎないようにすることも大切です。

 

身体的なことが原因

 

身体的なことが原因の場合には、身体に睡眠時無呼吸症候群などの症状が出ていることがあります。こういった場合には、早急に病院を受診するようにしたいものです。

 

精神的な疾患が原因

 

最後に精神的な疾患が原因の場合があり、うつ病など精神科を必要とする病気などです。こういった病気には不眠を伴うことがあるので、まずは医師に相談してみてください。