不眠症対策を食事で

不眠症改善のために食生活を見直す

 

不眠症はとても辛いものですが、改善するためには様々な方法があります。生活習慣の改善やリラックス、病院での治療などがあげられます。不眠症改善のためには食生活を見直すことも大切なことなので、いくつかの食事を紹介しましょう。

 

牛乳

 

まずは牛乳ですが、牛乳にはカルシウムが含まれています。このカルシウムが神経過敏によるイライラを抑えてくれる効果があるのです。さらに、牛乳には脳を作用する働きがある成分が含まれていたりするセロトニンも含まれています。不眠症改善のために飲むのであれば、寝る前に温めてから飲むようにしましょう。

 

セロリ

 

次に苦手な人も多いセロリですが、あの独特の臭いが高ぶった神経を鎮めてくれる作用があります。セロリはにおいも一緒に嗅いでほしいので、セロリを摺り蜂蜜と熱湯に入れて飲んでください。ウィスキーなども、お好みでいれてもいいかもしれません。もちろん、そのまま食べても大丈夫です。

 

豚肉やチーズなどの乳製品

 

豚肉や乳製品などにも、精神を安定させる作用や睡眠を催促する作用があります。こういった食品は、比較的摂取しやすいので積極的に摂取したいものです。

 

レタス

 

レタスにも不眠症改善の効果が期待される食材です。催眠作用や鎮静作用があり、摂取量の目安としてはだいたい4分の1位です。ただし生ノレタスを眠る前に摂取すると、逆に体を冷やしてしまう恐れがあります。その結果眠れなくなることもあるので、摂取は控えるようにしましょう。

 

こういった食事の結果は個人差があるので一概には言えませんが、不眠症で悩まれている方はぜひ試してみてください。