不眠症の主な症状

不眠症は眠れないだけの症状ではない

 

不眠症という言葉をよく耳にしますが、不眠症とは眠れない病気と思っている方も多いことでしょう。ですが不眠症というのは、ただ単に眠れないという症状だけではありません。ほかにも様々な症状があるので、見てみましょう。

 

寝つきが良くない

 

まずは入眠障害ですが、その名の通り寝つきがよくないという症状です。眠ろうと布団に入っても何時間も眠ることができないのです。例えば1日だけそんな日があたとしても問題はなく、布団に入っても1時間以上眠れないと言う症状が1週間以上続いているというのであれば入眠障害かもしれません。人間というものは眠らなければと思えば思うほど眠れなくなってしまうものかもしれません。

 

夜中に何度も目が覚める

 

次に熟睡障害ですが、こちらは寝つきはとてもよいのです。ですが夜中に何度も目が覚めてしまい、その結果眠りも浅くなってしまうのです。途中で目が覚めることを中途覚醒と呼びますが、この夜中に目が覚めるということに気が付いていない方もいるようです。夜にあんなに眠っているのにと、日中感じてしまうのもこのためなのです。

 

起きたい時間よりも早い時間に目が覚める

 

最後に早朝覚醒ですが、これは本来起きる時間ではないもっと早い時間に目覚めてしまうのです。一度目が覚めてしまうと、次に寝れなくなってしまいます。これは高齢の方などによくみられる症状です。

 

1週間以上継続している場合は

 

こういったそれぞれの症状が1週間以上も継続して起こるようであれば、不眠症の疑いがあります。できるだけ早いうちに専門医の診察を受けるようにしましょう。