不眠症とは何か

不眠症はどんな症状をいうの?

 

最近不眠症という言葉を耳にしますが、不眠症というのはどういった状態をいうのでしょうか。不眠症というのは、なかなか眠ることができないといった症状を指します。コーヒーやお茶などカフェインが入った飲み物を飲むと、夜に眠ることができなくなるとよく言います。確かに眠れなくなることもありますが、不眠症の場合は少し異なるのではないでしょうか。

 

不眠症で悩んでいる方というのは、眠れないことに対して神経症のように過敏になっている状態なのです。ストレスを過剰に感じて不眠症になってしまっていることも多いようです。では、このストレスとはどういったことなのでしょうか。

 

例えば、家族の死や仕事のトラブル・恋人との喧嘩といったようなことです。悲しみや不安などを抱え込んでしまうと、眠れなくなり不眠症になってしまうのです。ですが、多くの場合には時間が解決してくれる場合もあります。抱えている悩みが解決することでも、眠れるようになることもあります。

 

眠れない不安から不眠症になることも

 

不眠症になってしまうと、このままずっと永遠に眠れなくなってしまうのではないかという不安を抱え込むことがあります。その結果不眠症に陥り、うつ病などを引き起こしてしまうこともあるのです。不眠症の方というのは、夜に眠ることができないので昼間に眠くなってしまいます。昼間に眠ってしまうと、夜にさらに眠れなくなってしまいます。この悪循環に陥ることで、さらに不眠症になってしまうのです。

 

睡眠薬の服用は短期間で

 

不眠症の治療としては、睡眠薬の処方などがあります。睡眠薬の服用は何ら問題はありませんが、短期間で止めておくようにしましょう。人間というものは、薬など定期的に服用するものに体が慣れてしまう傾向があります。その結果、薬の効果が薄れてしまったりもっと強い薬が必要となってしまうこともあります。

 

医師とよく相談することが大切で、不眠の原因を知ることも大切です。不眠の原因を追究することによって、それにあった治療を行うのです。健康的に不眠を治すためには、こういったことが大切なのです。